特急北斗スラント車両代走

みなさまこんばんは。

4月16日~19日まで一部の北斗が車両点検のため編成変更になり、スラント車両が代走運転しました。

まずは、お手軽な上野幌駅にて。


画像


予定通りキハ183系Wスラント車両且つハイデッカー車両を組み込むという珍編成でした。
これは非電化で撮影しなければと思い、札幌~東室蘭・室蘭のS切符と東室蘭~北舟岡往復乗車券を購入し遠征しました。

まずは札幌12:22発特別急行S北斗12号に乗車しました。


画像


なんとキハ281-902号機でした。あまり出会わない902号機に乗車し東室蘭まで行き、長万部行普通列車に乗り北舟岡まで行きました~。

北舟岡に着き函館からのS北斗9号が最高時速130kmで走行してきます。


画像


キハ281系8両編成でした。

また反対側からは札幌からの北斗14号が来るので移動します。


画像


キハ183系6両編成でした。運転手さんが軽く汽笛を鳴らしてくれました。

駅舎で待機していると、ホームに見かけない黄色い車両が・・・。


画像


はっしーさんによると保線ホキみたいです。
詳細についてはわかりません・・・。たまに走行しているそうです。

撮影ポイントを変え、本命のキハ183系スラント北斗代走を撮影します。
16:53頃に北舟岡駅にて札幌タ行き3067レが5011Dを通過待ち合わせをするため1番線に進入します。

そして予定時刻より遅れること約10分。Wスラント車両代走北斗がやってきました。


画像


画像


画像


5011D キハ183系8両編成ハイデッカーG車両連結、中間に先頭車連結されていました。

HMも「HOKUTO」と掲出されていました。臨時ではなくよかったです。

このような堂々るキハ183系スラント代走は滅多に走行しないので非電化区間まで撮影に来て大満足です~。

この後は、東室蘭行き普通列車に乗車し東室蘭駅にてS北斗13号の指定席料金券310円を購入し帰りはリッチに指定席で札幌まで帰還しました。北海道の気動車特急は早いですね~。


画像


そして札幌駅に到着するとお隣に立命館慶祥高等学校専用団体臨時列車が停車していました。HMには立命館のRが掲出されていました。

キハ281系とキハ183系の顔が並ぶのは大変貴重な1枚になりました~。

そいて乗車してきたきは281系の札幌側先頭車はキハ281-901号機でした。
1日で901号機、902号機を撮影できて満足です~。

今回は以上です~。

また次回。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック